リハビリテーションとは

 いろいろな障害を持った人々に対し、その障害を可能な限り回復治癒させ、残された能力を最大限に高め、身体的精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように援助することです。

そして、すべての人々がよりよい社会生活が送れることを目指し、医師を中心に看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、その他大勢のスタッフが互いに協力し行っている医療のことです。

リハビリテーション科理念

基本理念

私たちは、患者様・利用者様が自分らしく生活できる リハビリテーションを提供します。

基本方針

  1. 私たちは、急性期から回復期・慢性期までのリハビリテーションを提供します。
  2. 私たちは、患者様・利用者様のQOLを尊重したリハビリテーションを提供します。
  3. 私たちは、患者様の御家族・地域住民との連携したリハビリテーションを提供します。
  4. 私たちは、地域の医療機関・介護施設と連携したリハビリテーションを提供します。

理学療法

理学療法士(PT)とは

主に、機能訓練では、筋力バランス能力・持久力などの向上を図ります。
また、寝返りや起き上がりなどのベッド上基本動作から、屋内外歩行・階段昇降など、移動能力の訓練を行い、活動の場を徐々に拡げていきます。

PT

作業療法

作業療法士(OT)とは

OT 生活全般を患者様自身が自立して行えるよう支援していきます。

日常生活動作(食事・排泄・整容・入浴など)の動作訓練及び指導や、家事動作(調理・洗濯・買い物など)の訓練を行っていきます。

さらに、嚥下障害のある患者様に対しては、管理栄養士など、他スタッフと協力しながら、評価に基づいた食形態・食環境の選択、嚥下訓練を行っていきます。

言語療法

言語聴覚士(ST)とは

ST 言語聴覚士は、言葉が上手くでない、上手く聞き取れないといった失語症の方達や呂律が回らず言葉が伝わらないといった構音障害の方達、その他、食べ物が上手く飲み込めなくなってしまったという嚥下(えんげ)障害の方達に対してもアプローチさせていただく専門職です。

失語症・構音障害では、機能回復・改善をめざした訓練プログラムを提供したり、筆談や50音表などを使用したコミュニケーション手段の確立を目指します。

嚥下障害では、実際食べ物を使った直接嚥下訓練と嚥下の準備のための間接訓練を実施し、安全で楽しい食事摂取を目指していきます。