院長の挨拶

困難なときこそ連帯の輪を

院長 秩父生協病院は、1955年熊木町に秩父中央診療所として開設、当初から「患家は病室、そこまでの道は廊下」として地域医療をおこない、その後1970年有床診療所、1984年40床の秩父生協病院となり。さらに2000年4月に阿保町に移転新築し、一般病棟35床、療養病棟40床、計75床の病院となり現在に至っています。「地域の人々とともに、利用者中心の安心・安全の保健・医療・介護サービスを提供する」を目標にISO9001、ISO14001の取得、医療機能評価の認定等、医療の質の向上にも努めてきました。

秩父地域は年齢補整を行っても脳卒中死亡が多く、地域懇談の中でも回復期リハビリへの期待がありました。そのようなこともふまえ2009年春、一般病棟35床を回復期リハビリ病棟への転換を決め、地域訪問・懇談を行い準備し、2009年8月に開設認可、その後多くの院所からご紹介をいただきながら、地域連携をすすめています。

また、秩父市が中心となり周囲の4町と連携をとり、総務省が提唱する「定住自立圏構想」の認可を受け、重点項目の一つとして回復期リハビリテーションが位置づけられました。

地域リハビリテーションは「障害のある方や高齢者およびその家族が住みなれた町で、その人らしく生き生きと生活が送れるように、医療・保健・福祉および生活に関わる人々や機関・組織がリハの立場から協力し合って行う活動のすべて」とされています。自分自身も障害を負うことや年をとることを自分自身の問題ととらえ、日ごろからの心構えや日常的な活動が大切です。

外来、在宅、回復期リハビリ病棟、療養病棟の充実をはかりながら、「ロコモ運動」などの筋トレ運動、認知症予防のための多彩な活動、歯科医師会と連携しての「口腔ケアの取り組み」、ネットワークの確立など、地域の多くの関係者と連携・協同して、安心して医療・福祉を利用できる明るく住みよい地域づくりを「共に創っていこう」と思います。

2010年10月1日:全国の115医療生協の仲間と日本生協連が母体となって創立した医療福祉生協連が事業を開始しました。全国の多くの仲間との連帯交流をすすめます。
ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。


秩父生協病院 院長    山田 昌樹